magazine‎ > ‎

2011.12.03

2011/12/05 9:35 に mari ishimura が投稿   [ 2011/12/05 9:35 に更新しました ]

    今週のキーワードは「さざんか」。早目に咲く椿の仲間ですね。はらはらと花弁が散ります。

    今年のクリスマスは休日です。12月24日(土)はディナーに限り営業いたします。通常メニュー、スペシャルメニューともにご用意いたします。ご予約お待ちしております。

    新しいオーガニックドリンクや、デトックスフレッシュジュースが充実しました。

    ナートの絵本はHPですべて閲覧出来ます。お買い上げもできます。http://book-jp.com/

┏    ┏  ┏    ┏    ┏   

シンガポール駆け足旅行記 後編  

┛    ┛    ┛    ┛    ┛    ┛   ┛    ┛

今週はアメリカン航空の破産ニュースが飛び込んで来ました。

羽田NY便が無くなったのは、この辺の事情もあったのでしょうか?

私が子供の頃はパンアメリカン航空(今は有りません)が米国を代表する航空会社でしたが、資本主義経済では変わらないものなど無いのですね。

 

閑話休題、シンガポール旅行紀に戻ります。

1日目はプラナカン美術館を堪能してから国立博物館の中のテラスで簡単なオープンサンドとラテのランチ、友人と合流、チェックインして早速天空のプールへ。さすがに57階のオープンエアプールは結構な迫力。そして熱帯といえども寒い! 夕方は簡単な軽食とシャンパンで済ませてナイトサファリへ。ガイド付きのトレインを降りて更に真っ暗な園内を見物。アニマルショ―の襟巻きのような大蛇に驚いて帰館、バタンキュー。

2日目もまずプール、簡単に朝食を済ませ徒歩でマーライオンを見に。日差しは素晴らしく熱く(まさに赤道)、途中の道路沿いにはクリスマスのデコレーションがいっぱい。夜になるとイルミネーションになるのでしょう、沢山の配線がありました。世界3大がっかりと言われるマーライオンですが、後ろ側にメンテナンス用のドアがついていて、結構ユーモラス(はやりの言葉だとブサカワですね)。すっかり歩くのにめげた2人は至近距離のラッフルズホテルまでタクシーに乗車。昼前から「ロングバー」でピーナツの皮を床に撒きながら「シンガポールスリング」を。そして「チリクラブ」を食べにイーストコーストの「国際海鮮市場及酒楼」へ。細長いマテ貝のような貝のガーリック炒めや空心菜料理も食べて大満足。

午後はカトン地区へ廻りプラナカン衣装や、ビーズサンダルを物色。ピンクやブルーのきれいなショップハウス(京都の町屋のような奥に長い3階建の、隣家とつながった伝統商家)の町並みを見ながら「イラン市場」まで散策。暑い!!!!!!!

向かい合って立つ2つのショッピングセンターには、ムスリムの人たちのためのショップが一杯。カーテン、クッション、ドレス、結婚衣装…布製品は本当に美しく、ビーズや刺繍の手仕事がふんだんです。買い物をやっと切り上げ帰りのタクシーに乗った頃、ちょうどスコールが!(今の季節は雨季です)

またプールへ入り、シャンパンを飲んでプラナカン料理を食べに「ブルージンジャー」へ。

魚のすり身をヤシの葉で包んで蒸した「オタオタ」や、「ビーフレンダン(ココナツ味の牛肉煮込み)」「カイラン(ケールみたいな野菜)他のグリル」などを食べてデザートは「ドリアンチェンドル(生のドリアンや真緑の米状の寒天のデザート)」「黒蜜とタピオカ入りかき氷」。

大満足の2人は今日もバタンキュー。

3日目もまずはプール。朝ご飯を食べチェックアウトした後駆け足でカジノへ。ルーレットで小銭を稼ぎ、友は先に帰国、

私は懸案のフードコート探検。まずはマレーシア料理の「肉骨茶(バクテー)」スパイシーで美味しい。

一番の繁華街オーチャードへ移動して、高島屋や伊勢丹をチェック。売っている物は日本の銀座と同じでがっかり。一応デパ地下へ行って、カヤペースト(ココナッツのミルクジャム)やラクサラーメンなんかを買いました。

一休みでお茶をしていると、シンガポーリアンのカップルから話しかけられました。日本の北海道へスキーに行くとかで、沢山スキーウエアを買いこんでいます。(そうか、だから山用品や、スキー用品の店が有るのか、赤道下の国なのに?????と不思議だったけど)。

もう5回も日本にスキーに来たとかで、雪は憧れなんだと実感しました。

またスコールに襲われ雷も聞こえます、街歩きは止めてシンガポール美術館へ。ここの現代美術は本当に本当に素晴らしい。今回廻った3か所の美術館&博物館のなかで一番でした。

東京と変わらなく見えるシンガポールですが、アートを売るお店は東京の何倍もあります。

投資の意味もあるのでしょうが、絵画を買っている御金持ちは本当に多いそうです。目が肥えた人達が選ぶ美術館収蔵品や企画展はさすがに良いもの揃い、どれも欲しくなりました(絶対買えないけど)。

早目の夕食は「XO魚汁米粉」、香港のXO醤のようなフレーバーだと思っていたら、なんと出来上がりに洋酒の瓶から茶色い液体をたっぷりかけています。最初は知らずに飲んでびっくり???????やっとお酒だと気がつきました。下戸の人なら真っ赤になるくらいブランデーがどっさり入っていました。結構美味しくいただきましたが、これはシンガポール名物なのだそうです(おじさんの食べ物らしい!?)。

空港に移って荷物を預けラウンジで休んでいると、おや「サティ」「鶏飯」が軽食コーナーに並んでいます。御腹は一杯なのに一口、ご飯と一緒に食べました。美味しい!

最後に免税ショップで嫁に頼まれた「肉乾」(シンガポール風ビーフジャーキー、ちょっとあぶってみりん干しのように食べると美味しい)を買って機中の人となりました。ふー、今回も良く歩き、良く食べ、良く飲みました。

オーナー竹村俊子toshiko@naht.net

 

ナートで忘年パーティはいかがですか?

(ビーガンや制限食の方も一緒に楽しいパーティーを!)

、各種パーティーの貸切予約承ります! 以下はこちらからの提案プランです。お客様のご希望にお応えいたしますので、お問い合わせお待ちしております。貸切も承ります。

 −18時〜22時の間で入れ替え無し−

 

12時30分から14時までの貸し切り昼食パーティーも受け付けております。

ご希望の多かった「ランチ時の会食」にお応えいたしました(お1人様税込、サービス料なし2000円からご相談承ります)。

 

プラン1☆お一人様5000円(税込)

  食前酒付のコースです。

  季節のスープ、野菜自慢の特製サラダ、小菜3種盛り、メイン料理、パスタ、デザート盛り合わせ、Tea or Coffee

 

プラン2☆食事&ワイン満喫コース―税・サービス料金込のお得なコース 15名様程度で10万円(税・サ込)

   スパークリングワイン2本、赤白自然派ワイン各3本付き

   前菜3皿、メイン料理3種シェアでお出しします。(野菜、魚、肉 etc.)

   季節野菜のパスタ、Tea or Coffee

プラン3☆20名様貸切 立食ビュッフェコース―税・サービス料金込のお得なコース 10万円(税・サ込)

   スパークリングワイン、赤白ハウスワイン各3本付き

   オードブル三種、メイン料理3種(野菜、魚、鶏etc.)

   熟成チーズのパスタ、野菜のタジン&クスクス、

   フルーツ盛り合わせ

ご希望に合わせて、メニューはいかようにもアレンジいたします。


ディナーの調理担当シェフの石村です。

ミャンマー&ベトナムの旅の食べ歩き、見所等のレポートをお伝えするはずでしたが、事情で来週に繰り延べします。

申し訳ありません、次回をお楽しみに。


(~O~)/ (^-^)v (^-^)~

 

こんにちは、ランチシェフの黒柳佳子です。

今週のどんぶりは「野菜たっぷりピビンバ」です。

今年最後のピビンバをお楽しみに!

 

 辺鄙な中坂にございますので、他にお食事できるレストランはこの界隈にございません。

是非ご来店の前にお電話をお願いいたします。お一人でもランチ予約を承ります。 

Tel03-3237-0052



Comments